アンサーID 1912   |    公開日 2019年09月13日 14:47   |    更新日 2019年09月20日 15:37

質問

・メール通報設定について教えてください
・メールサーバ設定について教えてください
・メール送信設定について教えてください

回答

対象製品型式:
 SV-CPT-MC310 Series
 SV-BPX-MC310


関連情報:
 SV-CPT-MC310 SeriesとSV-BPX-MC310のメール通報設定は、以下のステップで行います。
SolarView LiteとSolarView Exのメール通報設定については、「こちら」を参照ください。

メール通報設定のステップ
  1.環境構築
   1-1.ネットワークへの接続
   1-2.メールサーバ
   1-3.SolarViewのメール暗号化対応確認

  2.SolarViewの設定
   2-1.メールサーバ情報の設定
   2-2.通報先メールアドレスの設定

  3.テストメールの送信


1.環境構築
1-1.ネットワークへの接続
 メール通報を行うには、ネットワークへの接続が必要です。
ネットワーク接続では、SolarViewのIPアドレスなどを変更する必要があります。
※IPアドレスだけではなく、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、
 DNSサーバも必ず設定してください。
IPアドレスなどの情報については、ネットワークを管理されている方に相談し、変更ください。

1-2.メールサーバ
 メール通報では、一般の電子メールと同様にメールサーバ(SMTPサーバ)が必要です。
メールサーバは、ISP(プロバイダ)のメールサーバ、お客様のメールサーバを
ご利用いただけます。

下表は、お問合せの多いメールサーバの情報です。
表にないメールサーバの場合は、メールサーバ運営会社にご相談ください。
また、お客様のメールサーバの場合は、メールサーバ管理者の方にご相談ください。

①~⑦のSolarViewの設定に必要な情報です。
情報が不足している場合は、メールサーバ運営会社、またはメールサーバ管理者の方に
ご確認ください。

表:お問合せの多いメールサーバの情報
利用メールサーバ ①SMTPサーバ
(メールサーバ)

②SMTPポート番号*1
/③SMTP通信の暗号化*1

 

④SMTP
認証 
⑤SMTPユーザ名  ⑥SMTPパスワード  ⑦送信元メールアドレス 
OCN smtp.ocn.ne.jp 465/SMTPS あり メールアドレス*2 メールパスワード メールアドレス*2
ASAHIネット mail.asahi-net.or.jp
587/なし
または、465/SMTPS
あり ASAHIネットID ASAHIネットIDのパスワード メールアドレス*2
Yahoo!メール smtp.mail.yahoo.co.jp
587/なし
または、465/SMTPS
あり メールアカウント*3 Yahoo! JAPAN IDのパスワード メールアドレス*2
Yahoo! BBサービス ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp
587/なし
または、465/SMTPS
あり メールアカウント*4 Yahoo! JAPAN IDのパスワード メールアドレス*2
ぷらら(plala) secure.plala.or.jp
587/なし
または、465/SMTPS
あり メールアドレス*2 メールパスワード メールアドレス*2

*1:SMTPポート番号が465のときは、メール暗号化(メール暗号化対応のSolarViewが必要)
 SMTP通信の暗号化は、ポート番号465のとき【SMTPS】、ポート番号587のとき【なし】
*2:本メールサーバ用に付与されたメールアドレス(変更していれば変更後のメールアドレス)
*3:Yahoo!メールアドレス(○○○○@yahoo.co.jp)の「@yahoo.co.jp」より前の「○○○○」の部分
*4:Yahoo!BBメールアドレス(○○○○@ybb.ne.jp)の「@ybb.ne.jp」より前の「○○○○」の部分

※2019/09/12にメールサーバ運営会社各社のホームページで確認した情報です
※OCNとは:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する、インターネット接続サービスです
※ASAHIネットは、株式会社朝日ネットが提供する、インターネット接続サービスです
※Yahoo!メールは、ヤフー株式会社が提供する、メール サービスです
※Yahoo! BBサービスは、ヤフー株式会社が提供する、サービスです
※ぷららは、株式会社NTTぷららが提供する、インターネット接続サービスです


1-3.SolarViewのメール暗号化対応確認
 SMTPポート番号で465を使用する場合は、メール暗号化対応版SolarViewが必要です。
SolarViewの対応状況は、メールサーバ設定画面で確認できます。

 参考:SolarView Compact メールサーバ設定画面(メール暗号化対応版)

※【SMTP通信の暗号化】があれば、メール暗号化対応版です
※【SMTP通信の暗号化】がなければ、「こちら」を参照し、メール暗号化対応版に
 SolarViewをアップデートください。


2.SolarViewの設定
 SolarViewの設定には、「メールサーバ情報の設定」と
「通報先メールアドレスの設定」があります。

2-1.メールサーバ情報の設定
 ①~⑦にメールサーバの情報を設定してください
※「表:お問合せの多いメールサーバの情報」をご参照ください

 参考:SolarView Compact メールサーバ設定画面(メール暗号化非対応版)
 
※「POP before SMTP認証」は、【使用しない】を選択してください
※「POPサーバ名」以下の項目は、入力不要です

 参考:SolarView Compact メールサーバ設定画面(メール暗号化対応版)
 
※②が465のときは③に【SMTPS】、②が587のときは③に【なし】を選択を選択してください
※「POP before SMTP認証」は、【使用しない】を選択してください
※「POPサーバ名」以下の項目は、入力不要です


2-2.通報先メールアドレスの設定
 「管理者のメールアドレス」に通報先メールアドレスを設定してください。
「メール送信」で通報する異常を【有効】に変更してください。

 参考:SolarView Compact 通報先メールアドレス設定画面
 
※複数の通報先メールアドレスを登録する場合は、',(カンマ)'で区切って
 登録してください


3.テストメールの送信
 「環境構築」と「SolarViewの設定」が完了するとテストメールの送信で
メール送信の確認が行えます。
通報先のメールアドレスにテストメールが届けば設定は完了です。
テストメールが届かない場合は、「⑦送信元メールアドレス」が、
迷惑メール対策などで、受信拒否されていないか確認してください。
⑦送信元メールアドレス」からのメールを受信できるように許可してください
・メールの受信設定については、メール受信ソフトの取扱説明書を確認ください
・携帯電話メールの方は、携帯電話メーカに確認ください
※「⑦送信元メールアドレス」は、「表:お問合せの多いメールサーバの情報」をご参照ください

 「メールアドレス」に通報先メールアドレスを入力し、[メール送信]をクリックしてください。
通報先メールアドレスにテストメールが送信されますので、
テストメールが届いていることを確認してください。
テストメールが届かない場合は、「こちら」を参照ください。

 参考:SolarView Compact テストメール送信画面