アンサーID 1910   |    公開日 2019年09月05日 16:19   |    更新日 2020年04月07日 13:28

質問

・PLCの接続可能台数は何台ですか?
・取得できるデータ数は?

回答

対象製品型式:
 CPS-MG341-ADSC1-111、CPS-MG341G-ADSC1-111、CPS-MG341-ADSC1-931、CPS-MG341G-ADSC1-930
 
関連情報
 最大10系統、CPUユニット128台、レジスタグループ256、取得可能データ数10000データまで となります。
 (ファームウェアVer3.4.2以降)
  
  
 

 ・10系統とは、Ethernet、シリアル接続など物理的な接続をさし、PLC設定で作成するリンク設定の数となります。
 
   Ethernet接続の場合、各PLCのIPアドレスごとにリンク設定を作成しますので
   PLCとの接続が全てEthernetの場合は、最大接続数は10台までとなります。
   CONPROSYSゲートウェイシリーズのLANポートは2つですので、HUBを使用して接続下さい。
 
 

 ・CPUユニット128台とは、RS-485でデイジーチェーン接続した場合を含めた数で、PLC設定で作成するCPU設定の数となります。
 
   CONPROSYSゲートウェイシリーズのRS-485ポートは1つですが、
   デイジーチェーン接続することで、複数のCPUユニットを接続できます。
   PLCとの接続が全てRS-485デイジーチェーン接続であれば、128台まで接続できます。
   ※RS-485で1系統使用します。また全ての系統含めたCPU数が128台となります。
 
 

 ・レジスタグループ256とは、PLCから取得するデータの範囲指定の数をさし、PLC設定で作成するデバイス設定の数となります。
 
   各系統、各CPUで作成するレジスタグループのトータルが256までとなります。
 
 ・取得可能データ数10000データとは、CONPROSYS側で用意している取得データのリマップ用Modbusアドレス数となります。
 
   各系統、各CPU、レジスタグループトータルでのデータ数が10000データまでとなります。
 
 

   取得するデータが「Dレジスタ11~20の10データ」「Dレジスタ41~60の20データ」の場合、
   デバイス設定でおのおの「Dレジスタの11~20」「Dレジスタの41~60」を指定しますので
   使用するレジスタグループは「2」となり、
   使用するリマップ用Modbusアドレスは「10データ+20データの30」となります。
 
 
 ※ ファームウェアVer3.4.1以前では、最大10系統、CPUユニット30台、レジスタグループ100、取得可能データ数10000データまで となります。