アンサーID 1111   |    公開日 2014年10月21日 08:59   |    更新日 2017年07月25日 13:56

 質問


・SolarView Compactを構内LANに接続する方法を教えてください
・SolarView Compactを社内ネットワークに接続する方法を教えてください
・SolarView CompactのIPアドレスの変更方法を教えてください
 
回答

対象製品型式:
 SV-CPT-MC310 Series

関連情報:
 SolarView Compact(以下、「SVC」)をお客様の構内LANなどに接続する場合は、下記の手順で設定の変更を行ってください。
SVCの工場出荷時のIPアドレスは、192.168.1.101となっています。
ここでは、上記IPアドレスを構内LANに合わせたIPアドレスに変更する手順を例として説明を進めます。

作業ポイント
  1.事前準備
   1-1.必要な機器
   1-2.ネットワーク情報

  2.手順
   2-1.設定変更用パソコンとSVCの接続
   2-2.SVCのIPアドレスの変更
   2-3.SVCの電源を落とす
   2-4.構内LANにSVCを接続
   2-5.構内LANからの接続

1.事前準備
1-1.必要な機器
  ・設定変更用パソコン(施工時に使用したパソコンで可)
  ・LANクロスケーブル(SVCの設定変更時に使用)
  ・LANストレートケーブル(SVCを構内LAN接続時に使用)

1-2.ネットワーク情報
 SVCを構内LANに接続するために必要な情報です。
構内LAN(お客様社内ネットワーク)管理者の方に事前にご確認いただき、下記のアドレスを準備してください。
  ・IPアドレス(SVCに割り当てるアドレスです)
  ・サブネットマスク
  ・デフォルトゲートウェイ
  ・DNSサーバ

2.手順
2-1.設定変更用パソコンとSVCの接続
 施工時と同様に設定変更用パソコンとSVCをLANクロスケーブルで接続し、SVCのWeb画面をInternetExplorer(以下、「IE」)で
閲覧できる状態にしてください。
  ①設定変更用パソコンのIPアドレスの変更(パソコンのIPアドレス変更方法)
  ②LANクロスケーブルで1:1接続
  ③IEのアドレスに「http://192.168.1.101」を入力してSVCのWeb画面を表示
  ※下記「関連情報」のリンクも参照ください

2-2.SVCのIPアドレスの変更
 SVCに構内LAN管理者の方に事前確認したIPアドレスを設定します。
※IPアドレスだけではなく、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバも必ず設定してください。
IPアドレス・DNSサーバを変更する」を参照ください
(注意)設定を誤るとネットワーク接続ができなくなります。入力に誤りがないか確認しながら作業を進めてください。

2-3.SVCの電源を落とす
 SVCの電源を落とします。
電源の落とし方を教えてください」を参照ください

2-4.構内LANにSVCを接続
 SVCをLANストレートケーブルで構内LANのHUBに接続し、電源を投入してください。

2-5.構内LANからの接続
 構内LANに接続されているパソコンでIEを起動し、SVCに設定したIPアドレスにアクセスしてください。
SVCのWeb画面が表示されれば、構内LANへの接続は完了です。

関連資料:
 SolarView Compactと設定・閲覧用パソコンがつながりません
 計画停電の対応を教えてください、電源の落とし方を教えてください
 SolarView Compactのマニュアル ダウンロード


添付ファイル:
 IPアドレス・DNSサーバを変更する【ソフトウェアマニュアル抜粋(20140925)】