アンサーID 1782   |    公開日 2017年10月20日 15:16   |    更新日 2018年02月01日 16:37
 
質問


・CPS-MG341-ADSC1-111からのデータがオンプレミスデータ収集ソフトウェアで表示されません。
・VTC経由でオンプレミスデータ収集ソフトウェアへ送信しましたが表示されません。
 
回答

対象製品型式:
 CPS-MG341G-ADSC1-111、CPS-MG341-ADSC1-111、CPS-MG341-ADSC1-931、CPS-MG341G-ADSC1-930


関連情報
 オンプレミスデータ収集ソフトウェアでは、CONPROSYSからのデータを受け取るデータの先頭に「日付時間」が付いていることが必要です。

  ※必要なフォーマット
     
     201709201308,計測データ1,計測データ2,・・・・
         ↑
     日付時間が最初にきていることが必要
 


 ゲートウェイモデルの場合、デバイス設定詳細内(PLCとの接続設定)の「Cloud key」と「Cloud interval(sec)」に入力することで
 自動的にサーバへ送信することが可能です。
 しかし、この機能で送信した場合、先頭に「Cloud key」項目で入力した値がデータの先頭につくため、
 オンプレミスデータ収集ソフトウェア側では、うまくCSVファイルを作成することができません。

  ※デバイス設定で「Cloud key」に「123」と入力して自動で送信した場合のフォーマット

     123,201709201308,計測データ1,計測データ2,・・・・
      ↑
     日付時間の前に自動的にColud keyの最初に付きます



 ゲートウェイモデルからオンプレミスデータ収集ソフトウェアへデータを送信する場合は、タスク経由で送信するデータの先頭に日付時間をつけて送信下さい。
 ※コントローラモデルでもタスク経由で送信する場合は同じです。

       Image

  画像のタスク、ダウンロードはこちら。(Modbus入力パーツを使用していますのでゲートウェイモデルのみ対応です。)

 タスクの説明
  ・保存ファイルFile00に、日付時刻、Modbusアドレス0の値、改行を記録して、1分毎にサーバへ送信。

※オンプレミスデータ収集ソフトウェアは、ダウンロードファイルにソースも含まれており、
 仕様変更を望まれるお客さまは、このソースを改変してご利用下さい。
 尚、改変方法やサーバ構築についてはサポート致しかねますので、あらかじめ承知下さい。