アンサーID 1266   |    公開日 2017年05月11日 07:35   |    更新日 2017年09月12日 10:18
 
質問


・SolarViewの接点信号の仕様を教えてください
・SolarViewの接点信号の使い方を教えてください

回答

対象製品型式:
 SV-AIR-MC310 (SolarView Air)
 SV-CPT-MC310 Series (SolarView Compact)


関連情報:
 SolarView Air、SolarView Compact(以下、「SV」)の接点信号について説明します。
※SolarView Compact(SV-CPT-MC310)の場合には、
 オプションBOX(SV-BOX-MC310)が必要です。
 オプションBOXの商品案内資料は、「こちら」を参照ください。
 また、SolarView Compactでメール通知をする場合は、メール送信のための環境が必要です。
こちら」を参照し、事前に環境を構築してください。(SolarView Airでは必要ありません)


1.接点信号の仕様と接続について
 接点信号は、4点入力できます。
各信号の入力部は、フォトカプラ絶縁されており、フォトカプラ駆動用電源を内蔵しています。
無電圧接点を接続してください。

接点信号は、
 ・接点信号1:X00, CX00
 ・接点信号2:X01, CX01
 ・接点信号3:X02, CX02
 ・接点信号4:X03, CX03
に接続してください。

下図は、開閉器を接点信号1に接続した例です。
※必ず、主電源をOFFにしてから接続作業を行ってください

 端子台イメージ図


2.接点を使用するための設定
 接点信号は、接点信号監視に使用できます。
接点信号を監視するためには、SVの設定が必要です。
下記手順で接点監視設定を行ってください。
※設定には、設定用パソコンとLANケーブルが必要です
 また、SolarView Air Cloud Service画面からの設定は行えません(発電所での作業が必要です)

 ①計測装置の空いているHUBポートにLANケーブルでパソコンを接続します
  「SolarView Air かんたんセットアップガイド」、「SolarView Compact かんたんセットアップガイド」を参照ください

 ②パソコンのIPアドレスを変更します
  「SolarView Air パソコン設定方法」、「SolarView Compact パソコン設定方法」を参照ください

 ③InternetExplorerを起動し、http://192.160.1.101に接続します
  「SolarView Air かんたんセットアップガイド」、「SolarView Compact かんたんセットアップガイド」を参照ください

 ④[設定][オプション]の順にタブをクックし、サービス設定画面を表示します
  ユーザ:solar、パスワード:solar

 サービス設定画面

 ⑤【サービス停止中】にします
  【サービス起動中】の場合は、【停止】ボタンをクリックし、【サービス停止中】にします
  ※【サービス起動中】では、接点監視設定が行えません

 ⑥画面下部の【詳細設定】をクリックし、詳細設定メニュー画面を表示します

 詳細設定メニュー画面

 ⑦【接点監視設定】をクリックし、接点監視設定画面を表示します

 接点監視設定画面(更新前)

 ⑧各項目を設定し、【更新】ボタンをクリックします
  ・名称:履歴、メール、表示に使用します、8文字まで設定できます
  ・履歴対象:状態変化で履歴ファイルに記録します
  ・メール送信:状態変化でメールを送信します
  ・ディスプレイ表示:接点信号On(閉)でディスプレイに①~④を表示します

 接点監視設定画面(更新後)

 ⑨[サービス]タブをクリックし、サービス設定画面を表示します

 ⑩【起動】ボタンをクリックし、【サービス起動中】にします


3.接点信号の動作確認
 引き続き、接点信号の動作確認を行います。

 ①画面上部の【SolarView】をクリックし、計測値画面を表示します

 ②接点信号をOn(閉)すると該当接点名称の背景がオレンジで表示されます

 計測値画面



関連資料:
 SolarView Air かんたんセットアップガイド
 SolarView Compact かんたんセットアップガイド
 オプションBOX(SV-BOX-MC310)商品案内
 SolarView Compactと設定・閲覧用パソコンがつながりません