アンサーID 1735   |    公開日 2017年07月26日 09:22   |    更新日 2017年07月26日 11:06 
質問

RP-VL-R-01(受信機)、RP-VL-S-01(送信機) についての情報はありますか?


 回答

ここでは、画像配信ユニット FlexNetViewer (RGB対応モデル) の 「よくあるお問合せ」 をまとめています。

    RP-VL-S-01 (送信機)、RP-VL-R-01(受信機)

※本製品は、生産/販売終了製品です。


対象製品型式:
 RP-VL-S-01 (送信機)、RP-VL-R-01(受信機)
 
関連情報:
 関連ソフト、解説書は、こちらからダウンロード下さい。
 
 質問1 RP-VL-R-01 (受信機), RP-VL-S-01 (送信機) の設定は、どのようにしますか?
 質問2 送信機(RP-VL-S-01)と受信機(RP-VL-R-01)を使用していますが、表示できません?
 質問3 画像転送ユーティリティからExcel画面の転送に関する特記情報はありますか?
 
 質問4 画像転送ユーティリティは、マルチモニタに対応していますか?
 質問5 RP-VL-S-01:画像転送のデータ量を少なくできますか?
 質問6 送信機と受信機の構成で、「受信機を指定する」設定による運用例の情報はないですか?
 
 質問7 RPVL_BMPData_Send() で送信した画像が、受信側に反映されない。対策はありますか?
 質問8 タッチパネルとFlexNetViewerの接続方法は、どのようにしますか?(送信機と受信機を、1対1接続の場合)
 質問9 RP-VL-S-01:画像転送の開始/停止をコントロールできますか?


  

 質問1  RP-VL-R-01 (受信機), RP-VL-S-01 (送信機) の設定は、どのようにしますか?
 回答

専用の「本体管理ユーティリティ」を使用し、LAN(ネットワーク)経由で設定します。
また、ユーティリティ では、機器のステータス情報を参照することができます。
詳しくは、ユーティリティのマニュアルをご参考下さい。

Topへ戻る

  
 質問2  送信機(RP-VL-S-01)と受信機(RP-VL-R-01)を使用していますが、表示できません?
 回答

 次のことを確認してみてください。
 
  説明の為の機器構成を下記の構成とします:
  
   【PC】
    |
    |
    RGB IN
   【送信機】 RGB OUT -- 【表示機1】
    LAN
    |
    |
    LAN
   【受信機】 RGB OUT -- 【表示機2】
 
  ----------------------------------------------------------------
  == 事象1 ==
   ・【表示機1】に表示されない。
   ・【表示機1】に表示されますが、端部や下部が切れています。
 
   確認事項:
   ・【PC】の画面の解像度が、以下の値であることを確認してください。
     VGA(640×480)、SVGA(800×600)、XGA(1024×768)
 
   ・【PC】の画面のリフレッシュレート(垂直周波数)が、以下の値であることを確認してください。
     60Hz
 
     その他の解像度や周波数では、表示できなかったり(ブラックアウト)、表示できても端が切れた
     表示になる場合があります。
     端が切れるような場合は、送信機の設定 [ 画面調整(タブ) > 画面位置調整 ] で調整してみてください。
     多少、回避できる場合があります。
 
  ----------------------------------------------------------------
  == 事象2 ==
   ・【表示機2】に表示されない。
   ・【表示機2】に表示されますが、端部や下部が切れています。
  
   確認事項:
   ・LANの接続について
     【送信機】と【受信機】を1本のケーブルで直接接続する場合は、クロスケーブルが必要です。
     【送信機】とHUB および 【受信機】とHUBを接続する場合は、通常の(ストレート)ケーブルが必要です。
     LAN は、100Mbps のみ対応となります。
 
     注意事項
      10BASE-T (10Mbps)、IEEE802.3xフロー制御(100Mbps) については、サポートしておりません。
  
   ・LANの通信帯域について
     最大で、約30Mbps 程度が必要になりますので、帯域が確保できているか確認下さい。
     
   ・【送信機】と【受信機】のLED(ランプ)について
     下記状態であることを確認して下さい
      POWER ⇒ 点灯
      VGA  ⇒ 点灯 もしくは 点滅
 
   ・(推奨)設定について
     最小の変更を想定して、初期値から変更すべき設定内容を記載します。
     動作等確認できれば、必要に応じて設定を変更下さい。
     
     送信機の設定
      基本(タブ) >
       - ネットワーク環境 (IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ)
       - 送信方法 > 受信機を指定する (受信機の IPアドレス) *1
     
     受信機の設定
      基本(タブ)
       - ネットワーク環境 (IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ)
  
     補足 *1
      送信方法には2種類あり、違いがあります。
      「同じグループIDの機器に送信する」⇒ マルチキャストを使用してデータ送信します。
      「受信機を指定する」⇒ ユニキャストを使用してデータ送信します。
 
      一般にマルチキャストは一斉同報のメリットがあり利便性が良い通信方法ですが、
      ルータを越えないネットワークの範囲で、ネットワーク負荷の原因となる為、負荷が少ない
      ユニキャストによる通信をお奨めします。
 
  ----------------------------------------------------------------
  == 状態の確認方法 ==
   本体管理ユーティリティ から ステータス を参照することで、状況の確認が行えます。
    参照場所は、VGA(タブ) > ステータス情報 となります。対象項目は以下の通りです。
 
    動作状態、VGA接続状態、インターフェース、解像度、水平サイズ、垂直サイズ
 
  ----------------------------------------------------------------

Topへ戻る

 

  
 質問3 画像転送ユーティリティからExcel画面の転送に関する特記情報はありますか?
 回答

対象製品型式:
 画像転送ユーティリティ(Ver.1.02)、RP-VL-R-01 (受信機)
 
関連情報:
 Microsoft Excel を利用した、画像転送では転送不可のケースがあります。
 ケース別に、まとめましたので、ご参考下さい。
 
 ケース1.
  ひとつの Excel(エクセル)ウィンドウ内に複数のExcelファイルを同時に表示
  (並べて表示)させた状態で、画像転送ユーティリティにより、画面を転送させた場合。
 
  ケース1. 資料
 
 ケース2.
  Excel(エクセル)ウィンドウ内で、特定のExcelファイルをウィンドウ内で全画面表示
  させた状態で、画像転送ユーティリティにより、画面を転送させた場合。
 
  ケース2. 資料
 
 ケース3.(使い勝手が良い方法です)
  Excel(エクセル)ウィンドウ ひとつに対して、ひとつのExcelファイルを表示させた
  状態で、画像転送ユーティリティにより、画面を転送させた場合。
 
  ケース3. 資料
 

Topへ戻る


  
 質問4 画像転送ユーティリティは、マルチモニタに対応していますか?
 回答

対象製品型式:
 画像転送ユーティリティ(Ver.1.02)、RP-VL-R-01 (受信機)
 
関連情報:
 対応しています。ただし、以下の制約がありますので、ご注意下さい。
 
 例)
 マルチモニタとして2画面(ディスプレイ1、ディスプレイ2)で構成した場合。
 
 ・ディスクトップ画面が転送できるのは、プライマリモニタ のみとなります。
  プライマリモニタ以外のディスクトップ画面は、転送できません。
 
 ・アプリケーション画面は、ディスプレイ1 および ディスプレイ2 で表示されていれば転送できます。
 

Topへ戻る


  
 質問5  RP-VL-S-01:画像転送のデータ量を少なくできますか?
 回答

対象製品型式:
 RP-VL-S-01/RP-VL-R-01 (ファームウェア Ver.1.11 以上)
 本体管理ユーティリティ (Ver.1.11 以上)
 
関連情報:
 次のような対処が可能です。ご検討下さい。
 
 データ量の削減はできませんが、LAN の占有率を下げる機能があります。
 
 LAN の占有率の変更イメージは、次のようになります。
  1画面 ( XGA(1024×768)の場合 約1600パケット ) のデータを、
  通常 30Mbps ( 1秒以内程度 ) で転送するところを、1Mbps ( 約16秒間/送信速度「遅い」に設定 ) で
  転送させることにより、占有率を下げます。
 
  また、1 (送信機) :1 (受信機/画像表示ユーティリティ) 接続の場合は、
  送信機の設定:基本タブ > VGA転送 > 送信方法 > 受信機(※1) を指定する事により、
  ネットワーク全体への負荷を軽減する通信の方法となりますので、受信機の指定をお奨めします。
  
  ※1 受信機 もしくは 受信画像ユーティリティ の IPアドレス
 
 補足:
  送信速度 の設定は、ファームウェア Ver.1.11 以上の適用が必要です。
  また、Ver.1.11以上では、送信機と受信機間のみで、VGA転送用の通信プロトコルが、
  選択 ( TCP/IP (初期値 UDP/IP) ) が、できるようになりました。調整事項の1つとして活用下さい。
 
  ファームウェアのダウンロードは、こちら (型式:FNV-FIRM) からできます。
 
 参考:
  本体ユーティリティの 解説書
   9-1.基本 > (1)送信方法
   9-4.画面調整 > (1)画面送信間隔と送信速度
  の項を、参照下さい。

Topへ戻る


  
 質問6  送信機と受信機の構成で、「受信機を指定する」設定による運用例の情報はないですか?
 回答

対象製品型式:
 RP-VL-S-01/RP-VL-R-01(ファームウェア Ver.1.11 以上)
 本体管理ユーティリティ (Ver.1.11 以上)
 
関連情報:
 以下の情報がありますので、ご参考下さい。
 尚、ここでご紹介する 送信機 の 送信方法 は、(初期値)「同じグループIDの装置に送信する」ではなく、
 「受信機を指定する」に設定した場合の例となりますので、その旨ご了承下さい。
 
 概要:
 
 ①送信機 1台 から 受信機 1台 に画像転送させる例 「受信機を指定する場合」
  送信機 1台 から 受信機 1台 に画像転送する方法として、 送信機 に 受信機を指定して 画像転送
  させる場合の設定例 と、 運用( 送信機に対して 画像転送 開始/停止 の指定) イメージ。
 
 ②画像転送速度と画像転送に必要な帯域について
 
 

Topへ戻る


  
 質問7

RPVL_BMPData_Send() で送信した画像が、受信側に反映されない。対策はありますか?
 
 ・画像転送ユーティリティで、開始/停止を行った場合は、受信機側で No Signal を表示するが、
  関数ライブラリで送信の開始/停止を行っても、No Signal が表示されない。対策情報はあるでしょうか?
  
 ケース)
  RPVL_Close( ) や RPVL_Cleanup( ) を、実行した後も RPVL_BMPData_Send( ) で、送信した画像が
  RP-VL-R-01に接続しているディスプレイに表示されています。

 回答

対象製品型式:
 FlexNetViewer 関数ライブラリ
  
関連情報:
 関数ライブラリ RPVL_BMPData_Send( ) の使用方法で対策できる可能性があります。
 
 RPVL_BMPData_Send( ) で、使用する frameno フレーム番号 を、送信毎にインクリメント
 する方法でご使用下さい。受信機側では、フレーム番号を確認した処理をしておりますので、
 同じフレーム番号のデータでは、正常に画面更新できない現象が発生します。

Topへ戻る


  
 質問8  タッチパネルとFlexNetViewerの接続方法は、どのようにしますか?(送信機と受信機を、1対1接続の場合)
 回答

対象製品型式
 RP-VL-R-01、RP-VL-S-01 

関連情報
 送信機 と 受信機 を、1対1接続で使用して実現する場合は、下記に注意して接続下さい。
 構成例を基に、注意事項をご確認下さい。
 
 ------------------------------------------------------------------------
 構成例)
 
  FPD-H21XT-AC (コンテック製タッチパネル)
   |     |
  (VGA ) (SIO 1)
   |     |
  受信機 (RP-VL-R-01)
   |
  LAN
   |
  送信機 (RP-VL-S-01)
   |     |
  (VGA ) (SIO 2)
   |     |
  ==== PC ====

 ------------------------------------------------------------------------ 
 注意事項
  シリアルケーブルについて
   SIO 1 シリアルストレートケーブル (タッチパネルの仕様によって変わります。※1)
   SIO 2 シリアルクロスケーブル
 
   ※1
   SIO 1 は、タッチパネルとPCを接続する場合のケーブル構成(クロス/ストレート)を、適用下さい。
   ここでの例は、コンテック製タッチパネルを使用した場合は、クロスを必要とする為、クロスを使用した例となります。
   
  受信機・送信機の設定
   基本タブ I/O転送
    SIO使用する (チェックが入っていること)
    使用方法 機器同士を接続する (初期値からの変更が必要) ※2
 
   ※2
   SIO の使用方法を設定します。
   ◆「PC から制御する」
    パソコンからSIO を制御します。
    Windows OS の場合、LAN 経由で機器本体のSIO ポートを制御することができる仮想COM ドライバを
    用意しています。仮想COM ドライバは、当社ホームページよりダウンロード可能です。
 
   ◆「機器同士を接続する」  ←ここでは、こちらの設定を利用します。
    送信機と受信機を接続して、送受信機間でSIO 転送を行います。
 
 ------------------------------------------------------------------------

Topへ戻る

  
 質問9 RP-VL-S-01:画像転送の開始/停止をコントロールできますか?
 回答

対象製品型式:
 RP-VL-S-01 (ファームウェア Ver.1.11 以上)、本体管理ユーティリティ (Ver.1.11 以上)
 
関連情報:
 できます。方法は、下記の2通りです。
 
 ・RP-VL-S-01 の DIP SW 1 でコントロールできます。
  DIP SW 1 ON は (画像転送停止)、OFF は (画像転送中) となります。
 
 ・本体管理ユーティリティ から、LAN経由で RP-VL-S-01 を、コントロールできます。
  VGA送信制御 停止 (画像転送停止)、開始 (画像転送中) となります。
  こちらは、画像転送の停止・開始が、リモートコントロール(制御)できるので、利便性向上が期待できます。
  
 参考:
  本体ユーティリティの 解説書、「8.送信機の送信停止」 の項を参照下さい。

Topへ戻る